がん診療連携拠点病院
文字サイズ
文字を小さくする 文字を大きくする
受付・予約変更・一部予約制


病院紹介

診療科・部門紹介
外来・診察のご案内

入院のご案内
入院のご案内
職員募集
診察を受ける方はコチラ 交通アクセス 院内マップ      

病院のご案内

トップページ > 当院の紹介 >

事業管理者あいさつ

院長写真    当院では、平成30年度を目標年度とする第2次中期経営計画への取り組みがスタートしました。これまで5年間取り組んできた中期経営計画を継承し、さらに発展させたこの計画に基づき、安心・安全な医療の提供を行い、経営基盤の安定化と、地域医療の充実に取り組んでいきます。

 この計画に掲げる目指す病院像は、『質が高く、安心・安全な医療を継続して提供する急性期病院』です。当院は、静岡県保健医療計画で定める7疾病5事業も見据え、この病院像と5つの方向性(急性期医療を担う基幹病院としての確固たる地位の確立、質の高いがん医療の提供、救急医療体制の拡充、地域医療機関との連携強化と医療・介護のネットワーク化の促進、災害時医療の強化)の実現を目指していきます。
事業管理者
毛利 博
 私は平成20年1月に院長に就任し、これまで当院の経営改善に取り組んできました。平成24年度には経営形態を地方公営企業法の全部適用へと移行し、初代の病院事業管理者となり、本年度が4年目となります。院長就任以来、病院の経営改善には、医師招聘が重要であることから、市長とともに浜松医科大学を中心に頻繁に訪問し、医師の派遣をお願いしてきました。その結果、本年度は106人の常勤医師が勤務するなど、平成20年当時に比べ、大幅な増員を図ることができました。

 また、初期臨床研修医の基幹型の定員も12人となり、本年度は協力型も含め、1年目・2年目の初期研修医、合わせて23人が当院で働いています。当院での研修を希望された若い研修医のみなさんが、生き生きと研修する姿には初々しさとともに頼もしさも感じます。また、看護師も看護部の努力により着実に増加しています。これら若い職員たちが、明るく活気に満ちた病院の雰囲気づくりに貢献してくれています。技術職員等も含め、人材育成充実のため、昨年度組織した教育研修センターのさらなる充実も図っていきます。

 3次救急を補完する救急センターの本格稼動も4月から始まりました。昨年度行った外来部門の電子カルテ化を含めた、電子カルテシステムの更新により、情報の共有化と安全性の向上も図っています。また、志太榛原地域で唯一の国指定の「地域がん診療連携拠点病院」としての機能強化に向け、昨年度から更新作業を行っている最先端の放射線治療装置の運用も6月には始まります。

 当院の目指す3本柱である「待てない急性期医療を担う病院」、「救急・災害医療に強い病院」、「がん診療に強い病院」となるため、病院事業管理者として、また、市の重要施策である「健康・予防日本一」推進の要である市立病院の経営責任者として、当院の職員とともに誠心誠意取り組んでいきます。オール病院体制で、医療の質を高め、医療サービスの充実を図ることで、当院は地域のみなさんや患者さんはもちろん、医療従事者にも選ばれる病院となるものと確信しています。

このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院 〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4-1-11
TEL:054-646-1111〔代表〕  FAX:054-646-1122
info@hospital.fujieda.shizuoka.jp
院内マップ
交通アクセス