藤枝市立総合病院
文字サイズ
文字を小さくする 文字を大きくする
受付・予約変更・一部予約制



当院の紹介

診療科・部門紹介

外来・診察のご案内

入院のご案内
人間ドック・健診・予防接種
職員募集
診察を受ける方はコチラ 交通アクセス 院内マップ      

当院の紹介


トップページ > 当院の紹介 > 研究情報の公開
研究情報の公開
研究情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い、実施します。
 臨床研究のうち、患者への侵襲や介入がなく、診療情報等の情報のみを用いる研究や、余った検体のみを用いる研究は、国が定めた指針(『人を対象とする医学系研究に関する倫理指針』)に基づき、対象となる全員の方から個別に、直接同意を得ることはしておりません。研究に関する情報を公開し、さらに拒否の機会を保障するようにしております。これを「オプトアウト」と言います。

オプトアウトを行っている臨床研究は下記の通りです。研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。


研究課題一覧
担当部署 研究課題名
対象者
腎臓内科
消化器内科
B型肝炎・肝硬変のテノホビル(商品名テノゼット)新規治療ならびにアデホビル(商品名ヘプセラ)で腎障害が発症してテノホビル(商品名テノゼット)への変更における腎機能への影響の検討(PDFファイル/150KB)
2014年以降に新規にテノホビル(商品名テノゼット)投与を受けている患者さん、ならびにラミブジン(商品名ゼフィックス)耐性のB型慢性肝炎・肝硬変にてアデホビル(商品名ヘプセラ)が開始されたが、その後に腎障害発症にてアデホビルの隔日投与からテノホビルに変更となった方
呼吸器外科 肺扁平上皮癌における融合遺伝子の免疫組織化学的検討(PDFファイル/128KB)
2006年1月から2016年4月までの期間に、当院にて、肺癌による肺葉切除(もしくは部分切除)を受けた方
腎臓内科 透析に用いる透析用中心静脈(CV)カテーテル挿入による静脈血栓症の出現頻度と経過の検討(PDFファイル/130KB)
2014年1月から2017年3月までに当院に入院し、透析用CVカテーテルを挿入された方
呼吸器外科 肺扁平上皮癌におけるBRAF遺伝子とMAGE発現の免疫組織化学的検討(PDFファイル/131KB)
2006年1月〜 2016年4月までの期間に、当院にて、肺癌による肺葉切除(もしくは部分切除)を受けた方
呼吸器外科 肺扁平上皮癌における核輸送受容体についての免疫組織化学的検討(PDFファイル/135KB)
2006年1月から2016年4月までの期間に、当院にて、肺癌による肺葉切除(もしくは部分切除)を受けた方
臨床栄養科 中心静脈栄養施行時の脂肪乳剤併用の有無による栄養評価に関する検討(PDFファイル/158KB)
2015年4月1日から2016年3月31日までの期間に中心静脈栄養(以下TPN)製剤(エルネオパ1号輸液R1000ml、エルネオパ2号輸液R1000ml、ハイカリックRF輸液R500ml)及び脂肪乳剤(イントラリポスR)を使用した入院患者さん
救急科 院外心停止例救命のための効果的救急医療体制・治療ストラテジの構築に関する研究
2016年7月26日から約1年間の間に救命救急センターに救急車にて搬送された方
看護部 消化管の緩和ストーマをもつがん患者の苦痛・苦悩(PDFファイル/119KB)
2012年 8月〜 2015年7月に当院で消化管の緩和ストーマ造設術を受けたがん疾患の方
消化器内科 当院における自己免疫性膵炎の長期予後について(PDFファイル/120KB)
2001年5月から2017年3月に自己免疫性膵炎で消化器内科で診療された方
腎臓内科
薬剤科
“ふじえだCKDネット”開始前後での腎臓内科紹介と入院患者の薬剤関連腎症害の検討(PDFファイル/215KB)
2015年4月から2018年3月までに腎臓内科の紹介患者となった方または救急来院された方
呼吸器内科 上葉優位型肺線維症の臨床病理学的検討(多施設共同研究)(PDFファイル/134KB)
2014年4月から2017年3月に上葉優位型肺線維症で当院に通院された方




研究情報の公開 2017/8/31現在
このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院 〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
TEL:054-646-1111〔代表〕  FAX:054-646-1122
info@hospital.fujieda.shizuoka.jp
院内マップ
交通アクセス