藤枝市立総合病院
文字サイズ
文字を小さくする 文字を大きくする
受付・予約変更・一部予約制


当院の紹介

診療科・部門紹介
外来・診察のご案内

入院のご案内
人間ドック・健診・予防接種
職員募集
診察を受ける方はコチラ 交通アクセス 院内マップ      

診療科・部門紹介


トップページ > 診療科・部門紹介 > 放射線治療科
放射線治療科
スタッフ紹介・科紹介・施設認定 外来時間・診療内容 メッセージ
リニアック紹介 高精度放射線治療  

スタッフ紹介
職 名 氏 名 卒業年 学会専門医資格等
科 長 小杉 崇 (H14年卒) 日本医学放射線学会治療専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医 員 紅野 尚人 (H25年卒) マンモグラフィ検診読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

外来担当医表:今月(ブロック26:放射線治療科)はこちら
外来担当医表:来月(ブロック26:放射線治療科)はこちら

科紹介

放射線治療を専門に行っております。

放射線治療は、手術・化学療法(抗がん剤)とならんで、
がん治療の中で重要な役割を果たしております。

放射線治療の最大の特徴は臓器の温存が可能なことにあります。
その特徴を生かしつつ、他の治療法と連携しがん治療にあたっております。

専門の医師だけではなく、診療放射線技師、放射線治療品質管理士、医学物理士、看護師などスタッフがチーム作り、治療される方に満足してもらえるような優しい治療を提供します。

>> 統計データはこちら


施設認定日本医学放射線学会専門医修練機関
IVR学会専門医修練施設
超音波専門医研修施設
マンモグラフィ検診施設画像評価認定施設




外来時間 平日 午前9時〜午後4時
診察は予約制です。詳しくは放射線治療科にお問い合わせください。




診療内容
1:放射線外照射
リニアック(ライナック)による外照射を行っております。悪性腫瘍全般(一部の良性も含む)を対象とし、根治治療から緩和治療まで幅広く対応しております。


2:Sr-89(ストロンチウム)骨転移疼痛緩和治療
ストロンチウム89という放射性同位元素の薬剤を注射します。ストロンチウムは骨転移の病変に集まる性質があり、集まった病変に放射線を集中させることでそれによる痛みを和らげる治療です。
以下のリンクもご参照下さい。

外部リンク【日本メジフィジックス株式会社/骨の痛みの治療Q&A


3:I-131(ヨウ素)甲状腺がん術後アブレーション(30mCi=1110MBq)
甲状腺がんの全摘術後の方にヨウ素131という放射性同位元素を内服していただくことで、術後に微量に残存する甲状腺組織を処理(アブレーション)することが可能です。これにより、再発のリスクを軽減します。
以下のリンクもご参照下さい。

外部リンク【腫瘍・免疫核医学研究会/外来アブレーションをお受けになる患者さんへ(PDF)



メッセージ

単純に放射線治療を行うだけではなく、気分よく治療を受けてもらえるように心がけています。
放射線治療専従の看護師が日々の体調変化をチェックし、副作用や問題点があればすみやかに解決できるようにします。また、治療する時間帯も仕事などの事情に極力配慮して設定します。急な治療時間の変更希望にも可能な限り対応いたします。


 


リニアックの導入

最新の放射線治療装置(リニアック)を導入しました。


エレクタ社のインフィニティ(ELEKTA Infinity)という最新型の治療装置です。
今回は新機能の一部を紹介させていただきます。

放射線治療装置

 

リニアック:機能紹介

1:

こちらが今回導入した治療装置です。
右写真の赤い部分から放射線が放出されます。放射線は常に出ているわけではなく、装置の電源を入れなければ放出されませんので安全です。 患者さんは下の黒い台(画面右下)に横になった状態で治療を受けます。

放射線治療は、ある一定期間、連日行う治療です。
患者さんは毎日この台に横になりますが(写真右下の黒い台)、どうしても毎回ぴったり同じ体勢で横になることはできません。ですからこの体勢のズレを補正することが重要です。

機能紹介01


2:

そのための新しい機能が右写真の青い部分です。 ここからエックス線が放出され、レントゲン写真のようなエックス線画像を撮ることができます。

患者さんに台に寝てもらい(写真右下)、放射線を当てる(=照射する)直前にエックス線画像を撮ります。この画像と、照射する範囲を決定した時の画像を照合することによって、体勢のズレを補正することができます。
また、この装置はCT画像も撮ることができるため、エックス線画像では見えない臓器も含めて位置を補正することができます。

機能紹介02

3:

さらに、新装置には特別に、治療室の天井と床にも撮影装置が埋め込まれています。
(右写真の黄色部分)

この装置は、天井と床の間でエックス線を交差させることによって(右写真の白線)、立体的に患者さんの体勢のズレを補正することができます。非常に精度が高く、かつ短時間で位置を合わせることができます。

このように、照射の直前に画像を撮影し位置を補正して治療を行うことを「画像誘導放射線治療」と言います。
上記のように、新装置は複数の画像誘導機能を有しており、患者さんによって最適な方法を選択します。

機能紹介03


「放射線」と聞くと、「被曝」「怖い」「危険」というイメージがあるかもしれませんが、放射線治療の現場では放射線を適切に使用し、必要最低限の被曝に収まるよう管理しています。
今回ご紹介した高精度治療を安全に、正確に施行できるよう、スタッフ一同責任をもって取り組んでいます。

新しい放射線治療にご期待ください。



当院で行われている高精度放射線治療

脳定位放射線治療

いわゆる「脳のピンポイント照射」です。
昨年導入された新治療装置の能力を最大限に生かした照射を行っています。

当院の方式では同時に複数の病変に対してピンポイント照射が可能です。
治療時間も1回あたり約20分と短く、頭部の固定もぴったりとしたマスクで行うため苦痛が少ない治療です。

治療は全5回(約一週間)です。


脳定位放射線治療
脳の断面の画像です。赤色の部分に強く照射されています。
同時に多数の病変を治療可能です。




マスクで頭部固定
このようなマスクで頭部をぴったり固定します。






放射線治療科   2017/8/15現在

このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院 〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
TEL:054-646-1111〔代表〕  FAX:054-646-1122
info@hospital.fujieda.shizuoka.jp
院内マップ
交通アクセス
>