電話番号:054-646-1111交通アクセス
トップページ > 診療科・部門紹介 > 化学療法科

診療のご案内

化学療法科

スタッフ紹介

職 名 氏 名 卒業年 学会専門医資格等
化学療法センター長兼外科
第二科長
姜 建宇 (H 3年卒) 日本外科学会専門医・認定医
日本大腸肛門病学会認定大腸肛門病指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医学博士


科紹介

化学療法科はがんの薬物治療を専門に行う診療科です。がん化学療法とは、化学物質(抗がん剤)を用いてがん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。主ながんの治療法のうち、外科療法と放射線療法は局所的な、化学療法は全身的な治療法といえます。しかしながら、すべてのがんを化学療法で治すことができるわけではありません。化学療法で完治する可能性のあるがんは、急性白血病、悪性リンパ腫、精巣(睾丸)腫瘍、絨毛がんです。また、病気の進行を遅らせることができるがんは、乳がん、卵巣がん、骨髄腫、小細胞肺がんなど、また、ある程度効果があり症状が和らぐがんは、前立腺がん、甲状腺がん、骨肉腫、頭頸部がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、胃がん、胆道がんなどです。抗がん剤治療がまったく効果がないがんもあります。

当院の化学療法科は、白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫などの治療に直接携わる一方、各診療科が外来でおこなう抗がん剤治療をサポートしています。最近は優れた抗がん剤や補助療法などの進歩、患者さんのQOL(生活の質)重視などから、外来で化学療法を受ける患者さんが増加しております。当院では外来がん化学療法を推進しており、平成18年1月に「外来化学療法センター」を開設いたしました。専用ベッドが8床、リクライニングシート4床を配置し、各ベッドにはテレビが設置され、リラックスしながら治療を受けることができます。センター内には診察室、調剤室を有し、中央にはナースステーションが設置されていて、患者さん全員をもれなく観察することが可能です。センターでの治療には化学療法科、血液内科および緩和ケア科の医師、がん化学療法専門看護師、薬剤師があたり、患者さんが抗がん剤の効果や副作用について、気軽に相談できる体制になっています。

当院の化学療法科は、外来診察を行っておりません。がん治療には化学療法以外にも放射線療法、手術療法などいろいろなやり方があり、どの治療法を選択するかは専門医(外科(甲状腺がん、胃がん、大腸がん、乳がん)、泌尿器科(膀胱癌、腎がん、前立腺がん)、婦人科(卵巣がん、子宮がん)、消化器科(食道がん、胃がん、膵臓がん、肝臓がん、大腸がん)、呼吸器科・呼吸器外科(肺がん)、血液内科(白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫)など)の判断が必要です。

化学療法をご希望の方は、まず、担当各科にご相談ください。

>> 統計データはこちら


外来化学療法センター

新外来棟2階奥にあります。
 
このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院
〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4-1-11  TEL:054-646-1111(代表)  FAX:054-646-1122 info@hospital.fujieda.shizuoka.jp  交通アクセス