藤枝市立総合病院
文字サイズ
文字を小さくする 文字を大きくする
受付・予約変更・一部予約制


当院の紹介

診療科・部門紹介
外来・診察のご案内

入院のご案内
ドック・健診・予防接種
職員募集
診察を受ける方はコチラ 交通アクセス 院内マップ      

診療科・部門紹介


トップページ > 診療科・部門紹介 > 整形外科 > 自家軟骨細胞培養移植術
自家軟骨細胞培養移植術

広範囲の軟骨欠損の患者さんに自分の軟骨を採取して、培養し軟骨を作製したうえで移植するという再生医療が保険診療で可能になっています。適応は変形性膝関節症ではない広範囲軟骨損傷です。この治療を行うには膝関節の手術件数と施設基準が必要であり、当院は県内でもいち早く対応し、現在は1番多くの症例数を経験しています。



手術方法 まず、関節鏡をもちいて膝のあまり使っていない部分から軟骨を採取します。4週間、軟骨細胞をアテロコラーゲンゲル内で三次元培養し、軟骨を作製します(専門の施設で作製されます)。これを軟骨欠損部に移植して表面を脛骨から採取した骨膜で覆って固定します。


術後2週から可動域訓練を開始し、4週から荷重を徐々に開始します。全荷重歩行は10週になります。まだ、臨床応用されてから間もないため、スポーツは今のところ1年から再開となります。

培養軟骨 培養軟骨移植

作製された培養軟骨

欠損部に培養軟骨を移植したところ







自家培養軟骨移植手術 2017/7/27現在
このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院 〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
TEL:054-646-1111〔代表〕  FAX:054-646-1122
info@hospital.fujieda.shizuoka.jp
院内マップ
交通アクセス