藤枝市立総合病院
文字サイズ
文字を小さくする 文字を大きくする
受付・予約変更・一部予約制


当院の紹介

診療科・部門紹介
外来・診察のご案内

入院のご案内
人間ドック・健診・予防接種
職員募集
診察を受ける方はコチラ 交通アクセス 院内マップ      

診療科・部門紹介


トップページ > 診療科・部門紹介 > 整形外科 > リバース人工肩関節置換術
リバース人工肩関節置換術

広範囲肩腱板断裂および変形性肩関節症で手が挙がらなくなってしまった患者さんに対して腱板の修復が不可能である場合、今まで手術的に治療することが困難でした。欧米では以前より使用実績のある特殊な人工肩関節が近年日本でも使用可能となり、腱板が大きく断裂して修復ができず、手を挙げることをあきらめていた患者さんも手術によって手をあげることができるようになり、疼痛も改善するため全国的に症例数が増加しています。この手術を行うには、術者の肩関節手術件数等の資格が必要で、手術が行える病院は限られています。最終的な手術ですので年齢が70歳以上と決められています。

当院では通常の腱板断裂に対して関節鏡を用いた鏡視下腱板縫合術を多く行っているため、腱板の修復が難しい状態の患者さんも来院されます。そういった患者さんにはリバース人工肩関節置換術をすすめさせていただいています。手が挙がらなくなって、あきらめていた患者さんはぜひ、一度御相談ください。


術前 人工関節置換

術前X線 変形がみられ腱板が消失してい
るため上腕骨が上方化している

形状が逆になった人工関節をもちいることで三角筋の力で挙上ができるようになる
関節も人工関節で置換するため疼痛も改善する








自家培養軟骨移植手術 2017/7/3現在
このページのトップへ このページのトップへ
藤枝市立総合病院 〒426-8677 静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
TEL:054-646-1111〔代表〕  FAX:054-646-1122
info@hospital.fujieda.shizuoka.jp
院内マップ
交通アクセス